なぜ、うつ病の方がローヤルゼリーを愛用するのか?

なぜ、うつ病の方がローヤルゼリーを愛用するのか?

一日中気分が憂鬱だったり、やる気が起きなかったり、何をしていても楽しくない。
そういった方はうつ病を改善・緩和するために、ローヤルゼリーを愛用している方がたくさんいます。
ローヤルゼリーの効果を知る前に、そもそも、なぜうつ病は起きるのでしょうか?
その原因は未だにハッキリとは分かっていませんが、ストレスや環境の変化がうつ病をもたらす場合の他にも、脳内の神経伝達物質に問題が生じることでうつ病が発症する場合があるのです。
神経伝達物質は、人間の精神に影響を与える重要な物質で、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどがあります。
とくにセロトニンは幸福感と強い関係にある神経伝達物質と言われています。
セロトニンが脳内で不足してしまうと、精神が不安定になったり、頭がぼーっとなったりします。

つまり、セロトニンを増やすことが、精神に落ち着きと幸福感をもたらして、うつ病改善につながることが期待できるということです。
では、どうやってセロトニンを増やすのでしょうか。
それにはまず、セロトニンの材料であるトリプトファンを食事で摂取することが必要なのですが・・・。
そこで、出番となるのがローヤルゼリーです。必須アミノ酸であるトリプトファンを、ローヤルゼリーは含んでいます。

しかも、ローヤルゼリーの中には、ビタミンB6も含まれているのです。
ビタミンB6は、タンパク質やアミノ酸の合成を助ける成分で、トリプトファンをセロトニンに変化させるのに必要な成分です。
このビタミンB6とトリプトファンとが脳のほう線核で合成されてセロトニンとなるのです。
セロトニンの材料となる2つの成分を同時に摂取できるローヤルゼリーですが、他にも、うつ病改善に効果がある成分を含んでいます。
それは、ビタミンB12と葉酸です。

ビタミンB12は、脳神経の働きを改善・促進し、精神を安定させる働きがあります。
ビタミンB12が不足してしまうと、疲労感を感じたり、眠れなくなったりし、また、極度に不足した場合は、記憶障害が発生したり、幻覚を見たりもします。
心の健康のためにも積極的に摂っておきたい成分ですね。
それから葉酸には、抗うつ剤の効果を高めてくれることで知られている成分です。
ローヤルゼリーは薬ではありません。食べればすぐ効果が表れるということはないでしょう。
ですが、継続的に摂取し続けることで、うつ病改善につながることが期待出来ます。
もちろん、うつ病改善には、ストレスを感じないような環境をつくることも大切です。

ページのトップへ戻る